視認性抜群! オレンジ水着で水辺の事故ゼロへ。

学童用スクール水着で主流とされている紺色は、水中では目立ちにくく、泳いでいる児童を確認しづらい色です。スイミングウェア<オレンジCLASS>は水中での視認性を大幅にアップさせるためオレンジ色を採用しました。オレンジ色はブルー系の反対色であり、科学的にも水中での視認性が高いとされています。なおこの<オレンジCLASS>は日本ライフセービング協会の認定製品<JLA SAFETY PRODUCTS>に採用されています。

JLA SAFETY PRODUCTS

MOTION 3D イメージ

日本ライフセービング協会

JLAは「特定非営利活動法人日本ライフセービング協会」の通称です。1991年の発足以来、「海辺の事故ゼロ」を目指してさまざまな活動に取り組んでいます。現在、全国の地域や学校で活躍する130のライフセービングクラブと3,000人以上の個人会員が加盟。「地域」「世代」「生命」を『つなぐ』ということをキーワードに、救命・教育・スポーツの各分野でさまざまな事業を展開しています。

テクノロジー

水中での視認テスト

学童用プール底壁面はライトブルー系がほとんど。したがって、当然プールの中でもっとも目立つ色はライトブルーの反対色であるオレンジ系となります。オレンジ色はとくに水深1メートルの地点での視認性においてほかの色を寄せ付けない優れた効果をもつことが確認されています。

色の明度差

一般的に使用されているスクール水着の濃紺色を含む9色について、水中での視認効果の実験を行いました。結果、オレンジが水中での視認性にもっとも優れていることが確認されました。
判定基準

多彩なラインナップと素材

JLA Safety Products

ヨットスポーツでは「海辺の事故ゼロ」を目指すJLA(日本ライフセービング協会)の活動に賛同し、スクールスポーツウェアおよびその関連商品=JLA SAFETY PRODUCTSの開発を行っています。同協会の認定を受けた商品のひとつ「オレンジ水着」は、プール等での事故を防止する手段のひとつとしてヨットスポーツが開発したものです。

JLA Safety Productsへ
ヨットスポーツ

・カタログ請求はこちらのメールフォームからお申し込み下さい。
・商品に関するお問い合わせはお近くの営業所までご連絡下さい。

営業所検索
展示場
PAGE TOP
サイトポリシー
個人情報について
お問い合わせ
ホーム