更新日:2015年06月20日

河合コレクション展 開幕
当社 第5代社長・故河合正照氏が収集した美術品を初公開する「河合コレクション展」が20日、瀬戸内市牛窓町牛窓の市立美術館で開幕しました。
多彩な作品が一堂にそろい、初日から熱心なファンが訪れてくれました。
創業150周年を記念しての企画。浅口市出身の洋画家・阿藤秀一郎(1888~1972年)が瀬戸内海の多島美や牛窓オリーブ園などを力強いタッチで描いた風景画を中心に、日本画の横山大観や東山魁夷、洋画のヴラマンク、工芸の浜田庄司ら66点を展示。備前焼では金重陶陽、藤原啓をはじめ、陶陽の父楳陽の細工物など希少な作品も並ぶ。
PAGE TOP
サイトポリシー
個人情報について
お問い合わせ
ホーム