福岡県立太宰府高等学校

学校概要

昭和61年4月に「普通科 普通コース」「普通科 英語コース」「芸術コース(現:芸術科)」を有する特色ある学校としてスタートし、本年で創立29年目を迎えた第5学区で最も新しい県立学校。

〒818-0122
福岡県太宰府市高雄3-4114

福岡県立太宰府高等学校

モデルチェンジのポイント

男女ともにブレザースーツスタイルですが、女子は入学式や卒業式などの式典用の無地とそれ以外の場面で着用して良いチェック柄の2種類のスカートがあります。

モデルチェンジのきっかけ

創立30周年を迎えるにあたり、新たな伝統を創っていくために制服をリニューアルされました。生徒たちにはより良いものを着てもらいたいという思いから機能性の高い最新素材を採用されています。

  • 東京/都立科学技術高等学校
  • 福岡/県立太宰府高等学校
  • 兵庫/私立育英高等学校
  • 愛知/金城学院中学校・高等学校
  • 神奈川/法政大学第二中・高等学校
  • 福岡/西南学院中学校
生徒が新制服デザイン 世界で唯一のチェック柄

「本校は今年で創立30周年を迎えます。それを契機に、新たな伝統を創っていきたいと考え、制服をリニューアルすることにしました」  福岡県立太宰府高等学校(江口也文校長、生徒数1035人)の生徒指導主事・柴田裕史主幹教諭は同校の制服改定理由についてこう説明。「加えてこの30年間で新しい素材も出てきて、質も高まり機能性にも富んできています。できれば生徒たちによりよいものを着せたい。こうした思いも制服改定理由の一つです」と続ける。

 同校は普通科(普通コース・英語コース)と、県内全域から学力検査が可能な芸術科を持つが「この学科編成が、今回の制服改定に大きな意味を持つことになるのです」と柴田主幹教諭。まずは一昨年の12月に「制服検討委員会」を立ち上げて、全教職員と全校生徒を対象に制服の改定は是か否か、是ならばフルモデルチェンジかマイナーチェンジか――などを問うアンケート調査を実施した。

 「ここからが本校独自だと思うのですが、並行して芸術科の当時の2年生・現3年生35人 に対し、フルモデルチェンジorマイナーチェンジを問うと同時に、それぞれに関する具体的なデザイン画を1枚ずつ描いてもらったのです」  計70枚を委員会で審査し、優秀作数点をピックアップ。さらには最終的に最優秀作品1点にまで絞り込んだ。「それが新制服のデザインとなったのです」と柴田主幹教諭。「つまり本校の新制服は、太宰府高校生自らの手によるデザインということになります」

 さっそく制服メーカー大手4社が、昨年の5月23日にプレゼンテーションを行った。①生徒がデザインしたチェック柄など要望に沿っているか?②自転車通学の生徒が多いので、ライトが反射して視認できるなど、安全性に優れているか?③夏には自転車通学のため汗をかくことが多いので、吸汗性に優れているか?――をはじめ細かな点まで詳細にチェック。最終的にはAKASHI S.U.C.がプレゼンした制服に決定した。

 男女とも上着はブレザースーツ。男子のズボンは1種類だが、女子のスカートは入学式や卒業式などのオフィシャル用の無地と、それ以外に着用してもよいチェック柄の2種類に。「このチェック柄は英国王室のタータンも作っている、スコットランドのキルトメーカー=『英国キンロック・アンダーソン社』に認定された、太宰府高等学校オリジナルのチェック柄。世界で1つだけのデザインということになります」
 世界的なメーカーが認定したということで、デザインが採用された生徒も驚きと同時に、自信も湧いてきたという。「女子生徒だったということもあり、試着品が完成した時には一番先に彼女に着てもらいました。本人は『本当に自信になりました。ぜひ将来はデザインの仕事につきたい』と胸を張っていました」。同窓会からも「こんな制服が自分たちの頃にあったらなぁ」と憧れの声も。学年進行のため着用できない在校生からも「着たい、着たい」の大合唱。教職員はもちろん同窓会、保護者、生徒の全員が満足する結果となった。

 「今回の新制服は『期待×着たい』をカタチにしたもの。新しい制服を着た生徒たちが校是=『世の役に立つ人間(ひと)たれ』に向かって大きく成長し、逞しく育っていくことを期待しています」という。

日本教育新聞 平成27年1月5日付掲載より一部抜粋
PAGE TOP
サイトポリシー
個人情報について
お問い合わせ
ホーム